2020年12月13日

美容スタッフブログ


最近は、美容に敏感な人だけでなく、
ほとんどといってもいいくらいの人が、何かしらの栄養補助食品を摂取していますよね


中でも、
美しくなるために摂取として人気が高いのは、「コラーゲン」


コラーゲン入りのドリンクやサプリメントはお手頃な価格で、
コンビ二やドラックストアーで購入できるので、「とりあえず飲んでいる」なんて人も多いのでは??


しかし
コラーゲンは、摂取方法を間違えると肌や体に逆効果ともいえるトラブルを起こしてしまうのです


コラーゲンが原因となって起こるトラブル3つについて


★コラーゲンを沢山摂ればキレイになれるのは嘘!★


コラーゲンは、体に必要な三大栄養素の中のたんぱく質の一種です。
20代前半までは生成が盛んなので、
若い頃は「肌の弾力を取り戻したい」「シワやたるみがきになる。」
といった肌の悩みはなかったのではないのでしょうか??
ですが、加齢と共に減少するコラーゲンを少しでも多く補おうと摂取することで、
反対に取り返しのつかないトラブルを引き起こすこともあるのです


★コラーゲンが原因でトラブルが起こる!★


コラーゲンの一日の摂取目安量は5〜10gです。
しかし、沢山のコラーゲン入り食材やサプリメント、ドリンクを飲むことで、
「摂れば摂るほど短時間で美肌を手に入れられる」と思っている人もいるはず!!
これでは、コラーゲンの過剰摂取になってしまいます。
体内で消化できない過剰な栄養は、様々なトラブルとなって肌や体に表れます。


代表的なトラブル3つ


(1)コラーゲンが含まれる食べ物は高脂質なものが多く、reenex 試做
   ニキビができたり、体重増加につながる!
(2)コラーゲンは胃でアミノ酸に分解されます。
   排出されなかった余分なアミノ酸は脂肪になり、セルライトができる原因になります。
(3)腎臓が弱い人は、排尿が上手くいかなくなり、むくみや頭痛が出やすくなります。
  
せっかくキレイになろうとしても、適正量を超えて過剰摂取をすることで、
その努力が逆効果になってしまいますreenex 試做。今すぐにやめましょう!!



コラーゲンの働きを助けてよるキレイになれるコツ


(1)適量を守る。
(2)コラーゲンの働きを助けるビタミンCを一緒に摂取するreenex 試做
(3)紫外線を受けて壊れた皮膚のコラーゲンを再生するプロリンという成分が含まれる
   緑茶、チーズ、トマト、昆布、卵、鶏肉などと一緒に摂取する。
(4)寝る前に摂取する。


コラーゲンは摂取方法次第で、より効果を発揮させることができます。
夏のダメージを受けた肌をいち早く修復させるためにも、コラーゲン生活を見直してみては


 スタッフ・?木でした 


関連する提案:
コラーゲンが肌に効果的な理由とは?栄養士が語るコラーゲンとアミノ酸の関係


  


Posted by norman at 23:02Comments(0)

2020年12月10日

脂肪吸引で確実に後遺症を無くす方法は存在しない

脂肪吸引は皮膚を小さく切開し、カニューレと呼ばれる細い管を用いて脂肪を体外へ吸い出す痩身治療です。何より医師の技量が問われますが、自己管理も重要です。そもそも脂肪吸引とは「運動や食事制限により適正体重まで減量できたのに、なかなか減らない皮下脂肪」を除去する方法です。

我的肌肉量、推重骨量、BMI都偏低,這表示我平常的消脂運動中可能需要多做一點負重運動訓練肌肉。全体痩せではなく部分痩せのための治療ですが、物理的に脂肪を減らすため効果を確実に実感することができます。このことを把握せずに脂肪吸引を受けてしまい、後悔する人が後を絶ちません。

自己針對性做每一下消脂運動,發揮最大功效,令自己嘅修身之路事半功倍、重回正軌。今回の記事では脂肪吸引で起こりえる後遺症を細かく説明します。そのリスクを最小限に抑え、理想的な身体を手に入れましょう。

市面一些體脂磅都可以量度出肌肉量,但就沒有更多相關數據等你了解,特別是心急做消脂運動操的朋友通常會有個錯覺,覺得肌肉量愈多愈反映到自己肌肉狀態比較好。脂肪吸引で確実に後遺症をなくす方法は、実はありません。どんな優秀な美容外科医でも後遺症を引き起こします。ノーリスクでない以上、施術を受けるにあたって患者さんには「覚悟」が必要になります。

もちろん医師は、可能な限り後遺症のリスクを下げるべく努力します。しかし皮膚を切開する以上は傷跡が確実に残ります。場合によっては肥厚性瘢痕と呼ばれる、ケロイド状の醜い跡になってしまうリスクがあるのです。

脂肪吸引をする際には麻酔を使用します。局所麻酔により腫れという後遺症がしばらく残り、また皮膚の感覚は当分の間元通りにはなりません。

これらは比較的、軽微な後遺症です。しかし最悪の場合、脂肪吸引によって亡くなってしまうことをご存知でしょうか。

日本でも2009年と2017年に死亡事故の報告があります。もちろん極めて稀な事例であることは間違いありませんが、「絶対に安全」と言い切れる脂肪吸引は存在しないのです。  


Posted by norman at 17:45Comments(0)